Van Gogh’s Inner Circle(ファン・ゴッホの身近な人々)。 家族、友人、モデル

-

Van Gogh’s Inner Circle(ファン・ゴッホの身近な人々)。友人、家族、モデルの展覧会はゴッホの人間模様に光を当てます。フィンセント・ファン・ゴッホは情熱的で率直でした。長続きする人間関係を築くこともあれば、他者を遠ざけたこともありました。

  • 約90点の油絵、素描、書簡や文書を通じて「Van Gogh’s Inner Circle」(ファン・ゴッホの身近な人々)への造詣を深めてください。
  • 未だかつて、このテーマがこれほど深く掘り下げられたことはありません。
  • デン・ハーグとブラバントで活躍した画家が、パリを経由してオーヴェル=シュル=オワーズで没するまでの人生をご覧ください。

北ブラバント美術館の「Van Gogh’s Inner Circle」(ファン・ゴッホの身近な人々)展は、孤独で苦悩に満ちた画家としてのゴッホの一般的なイメージに異議を唱えています。人間として、そして画家として、ゴッホは友人や家族から高く評価されてきたように思われます。

油絵、素描、書簡

約90点の油絵、素描、書簡や文書が、この「身近な人々」を徹底的にひもときます。未だかつて、このテーマがこれほど深く掘り下げられたことはありません。ゴッホ美術館やクレラー・ミュラー美術館を含むオランダ・コレクションの作品を、海外から借り入れた特別な作品が補完します。展覧会では私蔵コレクションの作品や文書も公開されます。

ゴーギャン、トゥールーズ=ロートレック、その他の画家の有人

ブラバントやデン・ハーグに始まり、パリや南フランスで過ごした時代を経由して1890年7月29日にオーヴェル=シュル=オワーズで没するまで、ファン・ゴッホの人生を語るうえで欠かせない人々がおおむね年代順に登場します。ゴッホの家族と家庭生活、アントン・ファン・ラッパルト、アントン・モーヴ、エミール・ベルナール、ポール・ゴーギャン、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック、ポール・シニャックなどの画家との交友関係だけでなく、恋愛遍歴も明らかにされます。

テオ・ファン・ゴッホへの特別な注目

弟のテオ以上にフィンセント・ゴッホについてよく知る人物はいないでしょう。テオは妹のヴィレミーナに宛てた手紙で以下のように形容しています(パリ、1887年3月14日)。「兄さんの中には二人の人間がいるようだ。一人は非常に洗練され、優しくて穏やか、もう一人は無神経な自惚れ屋だ。」この展覧会では特にテオ・ファン・ゴッホに注目しています。テオがファン・ゴッホの人生において最も重要な人物であったことは間違いありません。兄弟間の友情、芸術や文学に対する共通する愛情は、テオ・ファン・ゴッホの所持品であるとされる1887年の油絵「テオの肖像」、1874~1875年にフィンセントからテオへ送られた詩集、42点の版画を含む書籍から観察されます。これらはすべてゴッホ美術館の収蔵品です。特に詩集では、心を打つ兄弟愛が言葉で生き生きと表現されています。

デンボスの宿泊施設

流行りのデザイナーズホテル、ロマンティックなB&B、それともご家族向けの居心地の良い貸別荘をお探しですか?デンボスでは、どんな嗜好にもご予算にも合う宿泊施設が見つかります。こちらから総合的なホテルのセレクションをご覧いただき、素晴らしい休暇をお過ごしください

フィンセント・ファン・ゴッホ

ゴッホが暮らした美しい場所を訪れ、そこですべてを学ぶことは、史上最も有名な芸術家の人生と作品を学ぶことを意味します。

読む
近場の見所をご覧ください
Van Gogh’s Inner Circle(ファン・ゴッホの身近な人々)。  家族、友人、モデル
住所: 
Verwersstraat 41
5211HT デン・ボス
ウェブサイトをご覧ください
ウェブサイトをご覧ください
近日開催のイベント