アムステルダムの運河に浮かぶハウスボート

3,039 ビュー

2 人中 2 人の訪問者がこの情報が役に立つと考えています。

アムステルダムの運河に浮かぶハウスボート

アムステルダムの象徴的なハウスボートの歴史を学び、水上の生活を体験してみましょう。

読む

アムステルダムの市街地中心部を網の目状に張り巡らされている運河は、ユニークな住宅地としても機能しています。市内各地の運河のほとりに係留されている色とりどりのハウスボートは、一般的な住宅と同様に快適な宿泊環境を提供し、地元の象徴になっています。アムステルダムを訪れて水上での生活を体験してみたい観光客にとって、最近のハウスボートは魅力的な宿泊施設の選択肢にもなっています

  • アムステルダムには約2,500隻のハウスボートがあり、その多くは中心部に係留されています。
  • ハウスボートでの滞在中、歴史的な運河ベルトや街並みの息をのむような絶景を満喫できるでしょう。
  • アムステルダムを訪れる方は、水上で一夜を過ごして、このユニークな宿泊施設を体験してみてください。

ハウスボート:アムステルダムの運河に浮かぶ家

元々のハウスボートはアムステルダムの船乗り業や取引の遺産であり、魅力的に修復された船です。船の多くは100年以上使用されていて、モダンな設備(電気、暖房、水道など)と共に当初の機能を維持しています。1960年代と70年代には、住宅需要の増加に対する解決策として、さらに多くの現代的なハウスボートが出現しました。この種類のハウスボートは「woonark 」(文字通り箱舟型の家)として知られ、浮桟橋の上に建てられています。通常、エンジンは搭載されていません。豪華な内装のものでは複数階建てやテラスやガーデンを備えているハウスボートもあり、アムステルダムの絵のように美しい運河で見ることができます。

ハウスボートでの暮らし

アムステルダムのハウスボートは、永久に特定の住所に固定されています。「ligplaats」と呼ばれる特別な許可証を得ると、ハウスボートの所有者は特定の場所に住居を構えることができます。こうした許可証は需要が高く、あらゆる財産と同様に、一等地ではハウスボートの価値は著しく高まっています。 

住宅不足に対する解決策

第二次世界大戦後、ハウスボートは、アムステルダムやユトレヒトハールレムといった運河が中心部を通っている近郊の都市での住宅需要の増大に対する画期的な解決策でした。現在、許可証の発行は厳しく制限されているため、ハウスボート市場は競争力のある住宅地域とみなされています。

アムステルダムでハウスボートを探すには

およそ2,500世帯は、アムステルダムの歴史ある運河に浮かぶハウスボートで生活できるという幸運に恵まれています。最も価値が高く、豪華な内装を施されたハウスボートの一部は、ヨルダーンなどのアムステルダムの中心地区で発見できます。観光客にお勧めの運河を航行するボートツアーでは、極めて珍しい実例をのぞき見ることができます。ハウスボートでの生活にどっぷりつかりたい方は、アムステルダムのプリンセングラハトにあるハウスボート博物館を訪れてみてはいかがでしょう。博物館では、20年以上にわたりオランダ人の家族が住居として使用した、1914年に建造されたボートの中に入ることができます。当初の生活空間を見てみると、水上での暮らしに魅了されることでしょう。

運河に浮かぶハウスボートに宿泊

近年、ハウスボートはアムステルダムの観光客にユニークな宿泊施設の選択肢も提示しています。運河に浮かぶハウスボートに宿泊を予約して、市の中心部という便利なロケーションをご活用ください。また、水の優しい揺れに眠りを誘われ、窓辺で聴こえるアヒルたちの鳴き声で目を覚ますという体験もできます。

編集者からのヒント: 運河でとびきりロマンティックな夜を過ごしたい方は、キャンドルライト・クルーズにお席をご予約してみてはいかがでしょう。アムステルダム随一の美しい景色を眺め、ガイドの説明に耳を傾けながら、盛り合わせチーズや厳選されたワインに舌鼓を打ってください。

近場の見所をご覧ください
アムステルダムの運河に浮かぶハウスボート

ホテル検索 目的地