新教会

1,191 ビュー

13 人中 13 人の訪問者がこの情報が役に立つと考えています。

新教会(Nieuwe Kerk)は、名前に反して新しくはなく、600年の歴史を持つ教会です。

    • 代々、オランダ王室の戴冠式が行われてきた教会
    • 特別展覧会などを開催し一般見学も可能
    • 600年の歴史を持つ教会

新教会での火事

ダム広場に面し、王宮の隣に建つ新教会は15世紀の建物です。正確にいえば、1408年11月15日にユトレヒトの大司教に寄り建設が許可された二つ目の教会です。最初に建てられたのが旧教会(Oude Kerk)です。それ以降、アムステルダムの人口は増加し、富も蓄積され新しい教会を建てることが可能になったのです。

鐘楼

新教会が宗教改革の際の破壊されなかったのは奇跡に近いと言えるでしょう。しかし、建物はプロテスタント長老教会派の所有となり、祭壇やマリア像などは取り払われました。1645 年には火災が起こりましたが、何とか全焼は免れました。隣接する王宮の改築工事の為、鐘楼を建てることが出来ず、今日に至るため、代わりに、教会の屋根に架かる十字架に3つの小さな時計が付いています。

王室の行事と文化展

長年にわたり、新教会(ノイエ・カーク)は王家の歴史上重要な役割を果たしてきました。ここで王室の重要な式典が執り行われます。2002年、ウィレム=アレクサンダー皇太子(現在は国王)はマキシマと結婚しました。それから11年後の2013年、新教会はウィレム=アレクサンダー王の戴冠式の舞台となりました。今日、アムステルダムの新教会は主にアート、写真、特別な人物および文化に関するインスピレーションを与える展覧会の会場として利用されています。

Amsterdamの宿泊施設

流行りのデザイナーズホテル、ロマンティックなB&B、それともご家族向けの居心地の良い貸別荘をお探しですか?Amsterdamでは、どんな嗜好にもご予算にも合う宿泊施設が見つかります。こちらから総合的なホテルのセレクションをご覧いただき、素晴らしい休暇をお過ごしください!

近場の見所をご覧ください
新教会
住所: 
Gravenstraat 17
1012NL アムステルダム
ウェブサイトをご覧ください
ウェブサイトをご覧ください

ホテル検索 目的地